彼からお金を貸してほしいと頼まれて

 消費者金融レイクに登録したのは、私が母子家庭になり、いつか足りなくなったときにいきなりの出費に助かるようにと思い、カードを作成しました。

無人契約機で申し込みをして、その時はパートでの収入で上限30万円の申請で審査が通りました。

そんな浪費しなければ、借金しなくても暮らしていける給料だったので、数か月は使わずにいました。 

そのうち、パートの仕事を辞めてしまい、仕事のなかった時が数か月。その時に数万円借りてしまいました。

生活費の足しとして仕方のないお金でしたが、借金というお金が頭から離れず、やはり自分で稼いでもらったお金で暮らすほうが気持ちは楽でした。

その後、すぐに仕事を見つけて給料から借りたお金を数か月かけて払い終わりました。

その頃、付き合っていた彼氏がいて、いろいろ出費のある人で貯金もなくギャンブルが好きでした。

お金の貸し借りはなかったのですが、一度彼が大きく負けてしまい、毎月払わなくてはならないお金にまで手を付けてしまい、泣く泣く私に貸してほしいときました。

私もその時は仕事しだして貯金がなかったため、どうしてもお金がほしいということで、レイクからお金を借りて彼に貸しました。

どうしようもない時もありますが、本当に最後の手でこの消費者金融から借りるんだよと彼に納得してもらっての借金でしたので、それからは借りることがなかったです。

手軽に借りれるのはよいことですが、あまり気持ちよく借りれるものではないので、きちんとした計画でお金管理をしたいと思っています。

このブログ記事について

このページは、adminが2014年9月11日 07:15に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「借りられる知人・友人がおらず結局プロミスに」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。