借りられる知人・友人がおらず結局プロミスに

大学を卒業して、就職しましたが大変な仕事で結局3ヶ月で辞めてしまいました。

そんな23歳の時にはじめてカードローンを利用しました。

お金が必要になった理由の1つは、無職の上貯えもなく親元を離れていたので生活できないため、2つ目は妊娠してしまい、中絶するのに10万円以上もかかるためでした。

無職になったことは両親にも伝えかなり援助してもらいましたが、裕福な家庭ではないのですべての生活をまかなえる程の額ではありませんでした。

そして、妊娠のことは両親に言えるわけもなく、また友人も数名にしか相談することはできませんでした。

金額が10万を超える上、無職の人間に当然お金を貸す人はいませんでした。仕事をやる気はあったのですが、妊娠していたため体調が悪く働けず、考えた末にプロミスに行きつきました。

体調さえ回復すれば、バリバリ働いて返済しようと思ったので、カードローンを利用するのにあまり不安はありませんでした。

申し込みは色々と問題もありましたが、知人の知恵を借りてなんとか審査を通り、なんだかんだでその時の限度額30万を借りました。

その後、体調も回復し、運よく就職も見つかり、毎月1万円ずつ返済しました。

またボーナスの時に多めに返済したりと約2年ほどで返済しました。

今思えばあの時が一番辛く大変な時期でしたが、家族や友人・知人に迷惑をかけなかったのはプロミスのおかげかなと思います。

このブログ記事について

このページは、adminが2014年9月11日 07:09に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「海外の友人の来日旅行につきあう為にお金を借りたこと」です。

次のブログ記事は「彼からお金を貸してほしいと頼まれて」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。