人に言えない罪悪感

今の生活が苦しくなり、お金を借りました。

元々父も借金が多く、私はこういう大人になりたくないなぁと思っていたのにこうして借金をしているのはとても情けなくなりました。

また、こういう借金をすることに知識がなく会社に電話で在籍確認をすることもよくわかりませんでした。結局会社から何回も在籍確認の電話がかかってきたから会社からも怪しまれてしまいました。

結局お金は借りられて、生活も少しは落ち着きましたが全く嬉しくありませんでした。

こんなことでお金を作っても全くいい気持になりません。それから何年もたちましたがなかなか借金の完済はできません。

そして時々やってくる生活苦でたまに今でも借金しますが、いまだに慣れるものではありません。たまに心の許せる友人と生活の話をしてもとても、このことだけは未だに誰にも話せません。

こういうことになるなら借りなければよかった。もう楽になりたいって思うことがあります。バスなどの張り紙やCMで法律事務所の広告があればついつい見入ってしまいます。

ですが、これも私のやりくりが下手だから起きたことなので、とてもじゃないけど相談する気まで起きません。勇気がありません。

皆さんにはこういう心境の苦しさにはなってほしくありません。

このブログ記事について

このページは、adminが2014年6月14日 09:19に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「あの時、借りられなくてよかった。。」です。

次のブログ記事は「レオパレスの敷金のために仕方なく借りました」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。